ダンディハウス 脱毛

ダンディハウスの脱毛は本当に痛いのか?

ダンディハウスの美容電気脱毛は、「針脱毛」とも言われます

 

「針」というイメージがイコール「痛い」という連想を起こしているのかもしれません。

 

「針を刺す」というより、先の丸い毛と同じ太さのほそ〜い棒状の物を毛穴に差し込んで、微弱電流を流して、毛が生えてくる素をやっつけていると思った方がいいでしょう。 「先がとがっている」のと「先が丸い」のとでは、イメージ、違いますよね。

 

痛みというのは、個人差があるので、言い切ることはできません。同じことをしても、「痛い」という方がいれば、「全然痛くない」と言う人もいます。

 

その人のムダ毛の状態、普段しょっちゅう毛抜きで抜いていて、毛穴に刺激を与えるのには慣れている、など、さまざまな状況で痛みは変わってくるようです。

 

ダンディハウスの脱毛を体験して、「痛くて続けられない」と言う方もいれば、「思っていた程痛くない」、「眠ってしまった」という人もいます。
最初は痛かったけれど、慣れてくれば痛くなくなったという方もいます。

 

脱毛は、とくに太くて根深いヒゲ脱毛は、どの脱毛法を選んでも、ある程度の痛みがあります。 医療レーザー脱毛にしても、脱毛サロンの痛みにしても、まったくないということはないでしょう。 痛みがなければ、効果が弱く、「なかなか脱毛が完了しない」、「すぐに生えてきてしまう」と言った状態になるでしょう。

 

男性のヒゲは、毛根が手強いので、レーザーでは完全に破壊することはできず、また生えてきてしまうことがあります。 女性のムダ毛にはいいのですが、男性のヒゲには、向いていないという見方があります。

 

「時間」と「お金」をかけて脱毛に通って、「また生えてきてしまう」のと、「永久に生えてこない」のとでは、「永久に生えてこない」方がいいに決まっています。「永久に生えてこない」ことを願って、脱毛をしているのですから…

 

「ちょっとだけ安く脱毛できる」、「痛くない」ということで、中途半端の脱毛にダラダラと通うより、永久脱毛のダンディハウスの脱毛は魅力的だと思いますが…

 

体験コースで、痛みがどのようなものか、体験できます。 無料カウンセリングでどのくらい費用と時間がかかるか見積もりを出してもらうといいでしょう。

 

美容電気脱毛とは     ダンディハウスの脱毛料金    ダンディハウスのヒゲ脱毛

 

ダンディハウスの脱毛体験詳細はこちら>>>

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ