ひげ脱毛 失敗 泥棒ヒゲ

ひげ脱毛失敗した!と後悔しないために

どろぼうヒゲ対策

ヒゲのレーザー脱毛をした後は、1〜2週間、ドロボウひげの状態になることがあります。
どういうことかというと、レーザーで焼けて肌の中で残った状態になったヒゲが膨らんで目立つ状態になることです。ヒゲの濃い人がなりやすいですが、脱毛の回数が進むにつれて、なりにくくなります。

 

焼け残った弱弱しい毛なので、剃りにくいんです。 ヒゲが膨張して3倍位に濃くなるので、顔全体に小さいほくろが散らばっているように見える方もいます。抜け落ちるまではどうしようもないです。 すっきりとしたヒゲをめざすために、この期間は耐えるしかありません。

 

この状態で、大事な仕事、イベント等があたっていたら、ヒゲ脱毛をこの時期にしたことを後悔するでしょう。予約日は十分、前後の予定を見計らって決めるべきです。

 

営業マンだったら、予約日の後1週間は大事な仕事が入っていないように段取りを考えてみます。イメージアップのためにしている脱毛で、泥棒ヒゲのイメージダウンのため、大切な取引に影響を与えてしまっては元も子もないでしょう。

 

予約の日を長期のお休みの前にするなどして、調整しましょう。

 

ヒゲ脱毛をする時期も、マスクをしてもおかしくない時期にしてマスクで覆い隠すというのも手です。風邪をひいているとか花粉症でとかいう理由で…  最初は、1,2か月おきに脱毛に通うことが多いので、秋から通い始めるのもいいかもしれません。日焼け対策にもなりますしね。

 

脱毛サロンやクリニックでの無料カウンセリングで、自分は泥棒ヒゲになりやすいかなど相談してみるといいでしょう。

 

「こんな時期にヒゲ脱毛をして失敗したなあ」と後悔しないためにも、自分のスケジュール管理をしっかりとしましょう。

 

後悔しないために  彼女に不評  痛みに耐えられない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ