笑気麻酔でメンズ脱毛

ひげ脱毛に使われる笑気麻酔

医療機関で脱毛を行う場合には、一度脱毛をしてみて、どうしても耐えられない場合に、笑気麻酔を使うことがあります。笑気麻酔とはどのような麻酔なのでしょうか。

 

笑気麻酔は、歯科治療で不安感や恐怖心を取り除くために使われることがあるようです。
鼻から吸入用のマスクをつけて笑気というガスを吸入する全身麻酔です。

 

笑気とは、亜酸化窒素というガスのことで、あまい香りの無色の気体です。少し吸うと、顔の筋肉が軽くけいれんして笑っているように見えるので笑気ガスというようです。

 

歯科の針を刺してする麻酔はとっても痛いものですが、笑気ガスは吸うだけですから、痛くありません。5分位すると、頭がぼーっとしてきて、痛みを感じることが、軽減されます。

 

そして、笑気ガスを吸うのを止めるとすぐに麻酔の効果は消えてしまいます。だから、すぐに普通に帰れます。
この笑気ガスを吸入するだけでも大分痛みを軽減することができますが、医療の場ではほかの麻酔と併用して使用されます。 

 

ヒゲ脱毛と笑気麻酔

ひげ脱毛の場合は、麻酔をしなくても我慢して施術を受ける方もいるので、痛みに弱い方が痛みを減らすという目的で、笑気麻酔をしています。 始めは麻酔をしないで施術してみて、どうしてもがまんができなければ、麻酔をするようです。

 

しかし、この笑気麻酔で痛みがゼロになるかといったら、個人差もありますが、そういうわけでもなさそうです。

 

酔っ払ったような感覚になり、痛みなんてどうでもよくなる という感じです。 

 

痛みはその人のヒゲの密集具合、太さ、濃さなどによって変わってくるので、
「最初から笑気麻酔をしたら全然痛くなかったので、次回は麻酔無しで脱毛します」という方もいれば、「笑気麻酔をしたけれど、効いているのかわからない位痛いから(麻酔しても意味がないので)次回は麻酔しません」という方もいます。

 

痛みがどうしても気になる方は、一度笑気麻酔をしてみて、様子を見てみるのがいいでしょう。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ